$HOME/.ssh/configを活用していますか?

こんにちは、hnwです。今更ながら自己分析すると、私はタイプ数を減らす工夫が好きなようです。今回は $HOME/.ssh/config ファイルについてのsshの非常に基本的な話題です。もちろん今回もタイプ数を減らすことが主眼です。

$ man ssh_config

言いたいことは上記の man page を見てもらえば全部書いてあるんですが、案外読んでいない人もいるんでしょうか、 $HOME/.ssh/config に書けば省略できることを毎回タイプしている人を稀に見かけます。

$ ssh -l webmaster dev3.example.com

もし上記のようなコマンドを打っている人が居たら、次の $HOME/.ssh/config を参考に、自分の環境に合わせて設定してみてください。

Host dev3
  HostName dev3.example.com
Host dev3-wm
  HostName dev3.example.com
  User webmaster

要は、$HOME/.ssh/configに設定することでユーザーが自由にホスト名のaliasを作れるんです。ホスト名のみならず、コマンドラインオプションで指定する様々な内容を指定することができます。この場合であれば、下記のコマンドで上記のホスト名・ユーザー名を指定したのと同じ意味になります。

$ ssh dev3-wm

なんと、今まで33タイプ必要だったのが11タイプで済みます。当社比66%減です!

dev3にアクセスする場合は必ず99%以上の確率で webmaster ユーザーでログインするんだけど、という場合もあるでしょう。そういう場合には $HOME/.ssh/config を下記のようにしてしまいましょう。

Host dev3 dev3-wm
  HostName dev3.example.com
  User webmaster

これを使うと下記の通り8タイプです。当社比75%減です。

$ ssh dev3

よーし、タイプ量が減ったし、今日も早く帰っちゃうぞ!(これでどんだけ早く帰れるんだよ、ってツッコミは無しでお願いします)

コメント / トラックバック 2 件

#1 tumf 2007/10/04 07:41

$HOME/bin にPATHを通して
ln -s ssh-argv0 $HOME/bin/dev3
とすれば
$ dev3
で4タイプで済みます、50%減(当社比)

#2 続・$HOME/.ssh/configを活用していますか? — ディノオープンラボラトリ 2009/05/28 23:50

[...] 以前の記事「$HOME/.ssh/configを活用していますか?」では、設定ファイルを少し頑張って書けば普段のSSHライフが随分変わりますよ、と紹介しました。今日はその続編です。前回よりマニ [...]

コメントする