講習会「intとfloat 〜小数をオススメしない理由」を開催しました

「intとfloat 〜小数をオススメしない理由」というタイトルで社内勉強会を開催しました。浮動小数点数に関する一般論とPHPでの実例についてです。最初に覚えた言語がPHPなどのスクリプト言語だったりすると、案外このあたりの知識が手薄なものです。簡単すぎる内容かとも思いましたが、意外と好評でした。

まとめ

  • 浮動小数点数は不要なら使わない
    • 整数で代用できないか検討
    • 理解しないと危険
  • 大きすぎる数も注意
    • 無限に正確に表せるわけではない

ムービー

発表資料

内容の補足など

録画を切ってから質問が出たのですが、PHPのfloat型というのはCで言うところのdouble(IEEE64bit浮動小数点数)です。Cで言うところのfloat(IEEE32bit浮動小数点数)はPHPには存在しません。この辺もアーキテクチャやコンパイラに依存する部分がある話なので、大抵の環境ではそうだと思いますよ、ということですけど。

更に余談になりますが、PHPで型キャストをする場合に、(float)と書く代わりに(double)と書くこともできます。

参考資料

コメント / トラックバックはありません

コメントする