2008 年 10 月 のアーカイブ

Emacsでシンボリックリンクを開いたときの質問を消す方法

今日はEmacsに関する小ネタです。英語の元ネタがusenetのcomp.emacsにありました。

Emacsを使っていると、下記のメッセージが出ることがあります。具体的には、シンボリックリンクをEmacsで開こうとして、なおかつシンボリックリンク先がSubversion管理されている場合に、以下のように質問されます。

"Symbolic link to SVN-controlled source file; follow link? (yes or no)"

これに毎回yesって答えるのがダルい、と思っていたんですが、解決方法を見つけました。.emacsに下記のように書けばOKです。

;; avoid "Symbolic link to SVN-controlled source file; follow link? (yes or no)"
(setq vc-follow-symlinks t)

もしくは、元ネタに書いてある通り、M-x customize-variable RET vc-follow-symlinks RET してもいいと思います。僕は古い人間なのでcustomizeはイマイチ慣れないんですよね…。

元ネタ:how to avoid “Symbolic link to SVN-controlled source file; follow link? (yes or no)”

余談:usenetってまだ機能してるんですね。ビックリです。Googleにリンクを貼るのが正しいのかどうかは疑問ですが、どうするのがベストなんでしょうね…?

Subversion設定の標準化

ディノ社内のバージョン管理は主にSubversionを利用しています。また、社内の開発環境はWindowsとMacとLinuxが入り乱れています。そんな環境で、一番問題が少なそうなSubversionの設定を考えてみました。現在これを社内標準として運用していますが、今のところ大きな問題は起きていません。

設定内容ですが、auto-propsとglobal-ignoresの設定です。各種ファイルについて、eol-style=nativeやkeywords=Idやsvn:mime-typeなどを設定します。

ちなみに、本設定はsymfonyの公式オススメ設定「Symfony Repository Tips」から大半を流用しています。

(続きを読む…)

マンガブログ、始めました!

10097067217.jpg
ディノは今年も新卒採用行います!
その採用活動の一貫として、ディノのマンガブログ
スタートしました。

カレー部の文字やらビアサーバの写真やら怪しいモノが既に踊っておりますが、ディノの楽しいエンジニアライフをにぎやかに伝えて行ける場になると思います。
自分もカレー部と酒飲み部の活動を一層に頑張らねば。

ちなみに、各所の勉強会やカンファレンスでお世話になっているT氏やN氏もキャラクター化されました。
どこかでお会いして「あれ?」と思った時には是非いじってあげてください。