講習会「正規表現入門 (3)実習&ツール紹介」を開催しました

「正規表現入門 (3)実習&ツール紹介」というタイトルで、経験2〜3年目の人をターゲットに社内勉強会を開催しました。正規表現に対して苦手意識を持っている人は多いようなので、実習を交えた形のプレゼンを試してみました。実験的な試みでしたが、おおむね好評だったようです。

まとめ

  • 次の機能が使いこなせれば正規表現は怖くない!(たぶん)
    • グルーピング
    • 繰り返し
    • 後方参照
  • 正規表現作成のコツ
    • 構造を日本語で説明できれば、正規表現が書けたも同然
      • 例:「ドットの後に英数字2文字以上」の1回以上繰り返し
    • 「ナントカのN回繰り返し」の組み合わせを作っていく
  • Perlは便利!

ムービー

発表資料

スライド中の問題

実習形式で、スライドの途中で正規表現を答える問題を出題していますが、この問題部分だけ取り出して紹介します。

これに答えられる人は出席の必要はないですよ、と事前に社内のMLに流しておいたところ、これを見て出席しなかった人もいたようです。こんな風に事前にレベルを伝えられれば、勉強会の運営もスムーズに行きそうな気がします。

  • Q1: 部分文字列の2回以上の繰り返しになっている文字列にマッチする正規表現は?
    • ○:abcabcabc(3回繰り返し)
    • ○:hogehoge(2回繰り返し)
    • ×:hogefugahogeやhogege
  • Q2: 3桁ごとにカンマ区切りされた数字文字列にマッチする正規表現は?
    • ○:100や3,000,000
    • ×:1,00や1000

参考URL

スライド中で紹介している正規表現関連のツールです。

  • ackPerlで書かれたgrepモドキです
  • rename.pl(赤ラクダ本に載っていたものを筆者が改造したものです。オリジナルはもっとシンプルでした)

コメント / トラックバックはありません

コメントする